新しいお米の種類<その2>

 110111.gif

新しく開発されたお米の中には
まだまだ珍しいものがたくさんあります。


今回は、人が食べることを
目的としていないお米です。









そのひとつが飼料イネです。

飼料イネは、牛のエサにするためのイネで、お米を収穫する普通のイネとは違い、お米の部分も葉っぱや茎も丸ごと飼料にしてしまうものです。

イネをまるごと刈り取って一つのかたまりにし、それをロール状にラップでくるんで発酵させて牛にあたえます。


日本ではトウモロコシなどの飼料用穀物の自給率が低く、以前から問題になっていました。

またBSE(牛海綿状脳症)などの牛の病気が発生して、社会的に大きな問題になりました。

これらは、海外から輸入した飼料に原因があると言われていて、多くの飼料を海外に頼っている日本にとっては大きな問題です。


一方で、日本のお米の消費量は年々減少し、水田では転作が求められています。

しかし田んぼを畑に変えるには大変な手間がかかりますし、もともと畑には向いていない土地も少なくありません。

その中で飼料イネは転作作物として導入が簡単ですから大きな期待が寄せられています。


この他の珍しいお米として、観賞用のイネがあります。

この品種は、おコメを収穫することが目的ではなく、鮮やかに色に染まった葉や穂を観賞して楽しむためのイネです。

切り花やドライフラワーにしたり、フラワーアレンジメントにも適しています。


品種としては、東北農業研究センターが育成した「奥羽観383号」(2005年品種登録出願)のほか、「奥羽観378号」「奥羽観379号」「奥羽観399号」や九州沖縄農業研究センターで育成された「西海観246号」などがあります。

「奥羽観378号」は穂が鮮やかな朱、「379号」は濃い紫色です。
「383号」は葉に入った白いストライプと紫色の穂、「399号」は白のストライプと白い穂で、「西海観246号」はピンク色の穂が美しい品種です。
このお米は赤もち米としての利用も可能です。


まだ作られる量は多くはありませんが、インテリア用として、また地域の町おこしに活用したりとこれまでになかった利用法が期待されています。



<参照・出典:農林水産技術会議HP、東北農業研究センターHP>

2011.01.11 Tuesday いろいろなお米 00:00 comments(0)