みんなで進めよう!!『いなみ野ため池ミュージアム』




先人の“遺産”を次代の“資産”に
みんなで進めよう!!
『いなみ野ため池
         ミュージアム』






ずっとずっと昔、米づくりがはじまった頃から、米づくりに欠かせない“水”を得るために、稲作にたずさわってきた人々は苦労を重ねてきました。

ため池は、この“水”を確保するためにつくられた人工的な貯水池であり、農家の方々の懸命な努力により守られてきました。

県下最大の加古川と明石川、美嚢川に囲まれた “印南野(いなみの)台地”と呼ばれる地域こ
は、瀬戸内式気候で全国平均降水量の約半分と雨が少なく、古くから水不足に悩まされ、比較的水のいらない「綿」をつくり、生活してきました。



明治時代になり、海外から安価な「綿」が輸入されるとともに干ばつに悩まされ、地租改正による重税も課せられました。

このことから農家の人々は「綿づくり」から「米づくり」に転換せざるを得なくなり、米づくりに必要な水を印南野より遠く離れた20km上流の神戸市北区(淡河川及び山田川)から確保する疏水建設が始まりました。


しかし、水源となる河川の流域でも稲作が行われていたため、上流との兼ね合いで、かんがい期(稲作期間中)は引水できないという条件がありました。

そこで印南野の人々はため池を造り、非かんがい期に水を導きました。


今ではこの淡河川・山田川疏水は東播用水に引き継がれ、印南野の台地を潤しています。

この時代に数多くつくられた「ため池群」や「疏水」をはじめとする水路網は、人々の生活を支えてきた東播磨のかけがえのない財産であり、地域を特徴づける水辺空間です。


昨今、農業者の高齢化や従事者の減少、農産物の価格の低下など農業を取り巻く環境は大きく変化し、稲作の礎である「ため池」や水路についても管理が難しくなってきています。

そこで、農家の方だけで「ため池」等農業用施設を守るのではなく、地域住民とともに「ため池」の価値や可能性を見つめ直し、地域のかけがえのない財産として、水辺を「守り」「生かし」「伝える」ことが必要です。

東播磨地域ではこの地域の特性を生かした取り組みを『いなみ野ため池ミュージアム』と呼んでいます。


ミュージアムとは博物館ですが、東播磨に存在する約600のため池やそれらを結ぶ水路それぞれが博物館の展示物と見立て、地域の人々みんなの力で地域全体を屋根のない博物館にしていこうとするものです。

現在、56のため池協議会が設立され、東播磨各地では、地域住民の参画と協働による「水辺」の保全活動が行われています。


東播磨の人々の「食」と「農」を支えてきたのは「ため池」や「水路」等の水辺です。

「ため池」からの「水」のめぐみに感謝し、それによって授かった「農」のめぐみにも感謝し、今後も、先人が苦労してつくり守り続けてきた“遺産”を次の世代への“資産”としていい形で残していく必要があります。



2010.12.17 Friday - 00:00 comments(0)