ごはん食の移り変わり<江戸時代〜現代>

 1220.gif


前回からの続きです。


江戸時代

江戸時代の中期以降になると、一日三食とることが一般的になりました。

献立はごはんと味噌汁、野菜の煮つけや焼き魚などのおかずが一品という、いわゆる「一汁一菜」でした。
これは武士も町人も基本的には変わりませんでした。

江戸時代の終わりごろに握りずしが現れ、早く手軽に食べられると評判になり、たちまち江戸の名物となりました。
飲食店が広く利用されるようになったのもこの頃からです。


明治時代

1868年(明治元年)、徳川幕府が倒れて明治政府が誕生すると、鎖国が解かれ、西洋の文化や食べ物が急速に流れ込んできました。

それまでは、仏教の教えから禁止されていた肉食が徐々に受け入れられるようになり、人々はおいしくて栄養のある牛肉を好んで食べるようになりました。
洋食屋もでき始め人々の食生活が大きく変わりました。

また、農家に対しては、米を税として納める物納制度が1873年(明治6年)の地租改正で改められ、収穫量によって決められた地価に応じて貨幣で税を納めるようになりました。


大正〜昭和初期


大正時代になると、洋風の食事や食品がふつうの家庭にも広まっていき、日本人の口に合うようにアレンジした料理が数多く生まれました。

また、それまでは、ひとり一人ずつ独立した「箱膳」で食事をとっていましたが、家族がみんなで使う「ちゃぶ台」があらわれ、「食卓を囲む」家族だんらんの光景が見られるようになりました。


昭和〜平成

第2次世界大戦中や戦後には食料が不足して、食生活が苦しくなりましたが、1950年頃になると、食料事情は良くなりました。

そして、1960年頃からの高度経済成長によって海外から肉や穀物などの食品が大量に輸入され、食生活は豊かになりました。
また、インスタント食品や冷凍食品、ファーストフード店があらわれ、外食産業は急成長し、自然食品や健康食品の人気も高まりました。



<参照・出典:ごはんを食べよう国民運動HP、米穀機構・米ネットHP>

2010.12.21 Tuesday お米の歴史 00:00 comments(0)