日本での稲作の歴史

戦後まもなくの静岡県の登呂遺跡での発掘から、日本で稲作が始まったのは弥生時代であると長い間考えられてきました。

しかし、最近になって九州北部の縄文時代末期の遺跡からプラント・オパール(植物の細胞組織に作られるケイ酸体)が発見されたことにより、約3000年前から陸稲(熱帯ジャポニカ)による稲作が行われていたことが分かってきました。


また、福岡県の板付(いたづけ)遺跡や佐賀県唐津市の菜畑(なばたけ)遺跡などから、水田跡や農具などが発見され、水稲である温帯ジャポニカも縄文時代の終わりごろには日本に入ってきていたことが明らかになってきました。


板付や菜畑遺跡の水田では、非常に整備された形で水稲耕作が行われていたらしく、水路や堰(せき)などの灌漑(かんがい)設備の跡も見つかっています。


縄文晩期、北九州地方に伝来した水田・稲作技術は、その後、弥生時代になって急速に日本列島を東へと伝わり始めます。200〜300年の間に九州から近畿、東海地方へと急速に広まっていきました。


さらに時が経って弥生時代中期になると、関東地方のみならず青森県(垂柳遺跡)でも水田が作られ、北海道をのぞく日本列島のかなりの範囲にわたり水田耕作が行われていたことが分かってきました。

現在までに、弥生時代の水田は全国で20か所以上見つかっており、中でもよく知られているのが静岡県の登呂遺跡(弥生後期)で、水田跡とともに、竪穴式住居や高床式倉庫などが見つかっています。


※弥生時代がいつから始まるかについては、これまで紀元前3〜5世紀頃とされていました。しかしお米の栽培がそれ以前から行われ、農耕社会が始まり、村から原始的な国の形ができ始めたことが分かってきたことから、弥生時代の始まりをより古い時代にさかのぼらせた方が適切なのではないかという意見が専門家の間で巻き起こっています。これに対する異論もあり、議論が続いています。



<参照・出典:山岸良二・松尾光「古代日本がわかる事典」日本実業出版社、ごはんを食べよう国民運動HP、米穀機構・米ネットHP>

2010.12.13 Monday お米の歴史 00:00 comments(0)