日本の食料問題・環境問題を解く鍵はごはん (保田校長先生)

 



 

人口増加、石油高騰、異常気象の頻発と、世界の食料・世界の環境が不安定になってきている現実は、連日の報道などでご存じかと思います。

私たち日本人はこれまで通りの考え方の食生活をしていて果たして大丈夫なのでしょうか?
そして、将来の子どもたちの幸福を考えた時、何を食べる習慣をつけさせるべきなのでしょうか?

世界の人口は現在およそ
70億人(※1)ですが、今世紀半ばには90億人に達すると言われています。
すでに、子どもも含め約8億人が栄養不足という現状にありますが、今後、ますます食料問題は深刻になっていくでしょう。


カロリーベースでみた日本の食料自給率は、1960年頃は約80%だったのにもかかわらず、2006年には40%を切り39%にまで落ち込んでしまいました。(2014年度39%:農林水産省HPより)
この数字を私たちの身体に当てはめると、生命の61%分を海外に依存しているのも同じです。

もし、何らかの理由で食料の輸入がストップすれば、人口の半分以上は生きられないことになるのです。

現在、稲作農家のみなさんの平均年齢が69歳(※2)に達し、若者はほとんど村にいない現状からみると、日本はやがて食べ物を生産する力を完全に失ってしまうということも、あながち極端な予想とは言えないでしょう。

皮肉なことに、世界的な穀物価格高騰に反して日本のお米の価格は最近まで低下の一途をたどっていました。

理由は国内でのお米の消費が減少しているからです。

パンを食べて海の向こうの麦畑を青々と茂らせる一方で、日本の田んぼには青々と雑草を茂らせ荒廃させているという日本人の暮らしがあるのです。

美しい稲葉の緑が水面に映える初夏の景色。

黄金色に輝く稲穂が涼やかな秋風に揺れる風景。

そのような綺麗な風景の中で子どもたちが育ってこそ、心まで綺麗になるのではないでしょうか。

私たちはいま、美しい日本の景観を破壊し、子どもの心を傷つけながら暮らしているのです。



風景のみならず、水田は洪水防止という安全面にも大きく寄与し、温暖化の中で気温上昇を抑え、光合成により空気中の炭酸ガス(CO2)を吸収してでんぷんに変え、酸素を放出して、環境の保全にも大きく貢献しています。


お米を大切にする暮らしは、私たちの健康を、次世代の食料を、そして環境を守ることにつながっているのです。

私たちの生命の維持に必要なお米と酸素の両方を稲は供給し、私たちを支えているのです。

改めて日本型の食生活の素晴らしさを理解することが大切です。

そして、まず、明日の朝食にはごはんを食べましょう。




(※1)国連の「世界人口白書(2015年版)」より
(※2)2012年度 「農業白書(食料・農業・農村の動向)」より

【2016年3月1日追記

2010.12.01 Wednesday ごはん授業 00:00 comments(0)