栄養成分表示おたすけ帖

栄養成分表示おたすけ帖

 身近にある食品のパッケージに、栄養成分が表示されていることはご存じでしょうか?実はこの「栄養表示」は義務ではありませんが、いま、健康志向 が高まる中、ほとんどの食品に記載されています。この表記は厚生労働省の「栄養表示基準」に基づくもので、順番に「熱量」、「たんぱく質」、「脂質」、 「炭水化物(または糖質など)」、「ナトリウム」の必須項目、さらにビタミンやミネラルが項目として挙げられています。このシリーズではそれらの成分ごと に解説していきます。

 今回は「ビタミン」についてです。
 「ビタミン」と聞くと健康的なイメージですが、そもそも「ビタミン」とは何なのでしょう?ビタミンとは、私たちが生きていく上で必要となる栄養素で、そ れ自体はエネルギーや体の構成要素にはなりませんが、物質代謝の調整に欠かせない有機化合物です。基本的に体内合成できない(一部合成可能なビタミンもあ るが、それだけでは必須量をまかなえない)ので、飲食などによる摂取が必要です。

 ビタミンというと野菜や果物を想像しますが、動物性・植物性を問わずさまざまな食品に含まれています。実は、ビタミンはお米と深い関わりがあります。実 は、ビタミンが最初に抽出されたのは「米ぬか」からなのです。1911年、ポーランドの研究者、フンクが、かっけを抑制する因子を米ぬかかから抽出、生命 (=vita)に必要なアミン(=amine:化合物の種類)で「ビタミン」と命名しました。ちなみにこの物質は後にビタミンB1となりますが、フンクが 抽出に成功する1年前にすでに鈴木梅太郎がこれの抽出に成功していました。ともあれ、ビタミンの面からもお米はすぐれ食品なのです。

 ビタミンはいくつかの種類があります。その名前はビタミンAからB、Cと順番に…と提案されたものの、規則が守られずに命名法が乱れたり、物質の解析の 進化により「ビタミン△△」と名付けたものがビタミンでないことがわかってきたりと不都合もでてきたりして、「ビタミン△△」ではなく化合物名で呼ぼうと いう風潮になりました。しかし、ビタミン名は生理作用を表現するものとして捨てがたいとの意見もあり、現在ではふつうビタミンA、B1、B2、B6、 B12、C、D、E、Kは「ビタミン△△」と、それ以外は「ナイアシン」「パントテン酸」「葉酸」など化合物名でよばれています。

 食品の栄養表示によく出てくるのは、以下のビタミンです。主な働きなどを簡潔に紹介します。ナイアシン、葉酸、パントテン酸はビタミンB群に含まれます。ビタミンB群とはビタミンC以外の水溶性ビタミンのことで、ビタミンB群とビタミンC以外は脂溶性です。

●ビタミンA…夜間の視力維持を助け、皮膚や粘膜を守ります。不足すると鳥目に。βカロテン(カロチン)などのカロテンは体内でビタミンAに変化します。
●ビタミンB1…炭水化物のからのエネルギー産出を助けます。不足するとかっけに。
●ビタミンB2…成長促進に欠かせないビタミン。不足すると成長が停止します。
●ナイアシン…不足すると口舌炎や神経症状が。寿命延長に関係するのでは?と注目されています。
●ビタミンB6…たんぱく質からのエネルギー産出を助けます。
●ビタミンB12…赤血球の形成を助けるので、欠乏すると貧血に。
●葉酸…赤血球の形成を助け、胎児の健全な成長に寄与します。
●パントテン酸…脂質代謝に必要なビタミン。
●ビタミンC…抗酸化作用を持ち、コラーゲンや軟骨、毛細管などの生成、コレステロール代謝に有効。不足すると壊血病に。
●ビタミンD…カルシウム吸収を助け、骨の生成に欠かせません。不足すると骨粗鬆症(こつそしょうしょう)に。
●ビタミンE…抗酸化作用があり、老化防止に役立ちます。
●ビタミンK…血液凝固作用に関わります。

 近年ではビタミン剤が多数発売されていますが、上限量を超えると健康障害がおきることがあります。ビタミンはさまざまな食品に含まれているので、基本的 に通常の食生活をしていれば必要量が摂取できます。ビタミン剤に頼るより、さまざまな食品を食べて、何よりも単調な食生活にならないように注意することが 大切なのです。


参考文献
香川芳子監修『五訂増補食品成分表2009』女子栄養大学出版部
日本ビタミン学会編『ビタミンの事典』朝倉書店
東京都福祉保険局『食品に栄養表示するときは』
『日本大百科全書(電子版)』小学館
2009.08.07 Friday 過去の記事 00:00 comments(0)