藁(わら)は究極のリサイクル資源

藁(わら)は究極のリサイクル資源

稲作により生み出されるのは、お米だけではありません。

稲を脱穀し残った茎や葉の部分、つまり藁は今でこそコンバインで裁断され田んぼにまかれて肥やしとなりますが、かつてはさまざまな生活必需品を生み出す重要な犹餮鮫瓩任靴拭

では、燃料や飼料以外に藁にはどのような利用法があったのでしょう。


ぞうりは漢字で書くと「草履」、わらじは「草鞋」で、まさに草=藁からつくられていました。

ちなみにぞうりは鼻緒を持つ下駄のような構造。

一方のわらじは先端から2本の紐が出て、これを両側の狷瓠覆繊砲箸い小さな輪とかかとの爐えし瓩箸いβ腓な輪に引っかけて足をしっかり固定するもの。

今で言うところの、サンダルがぞうり、靴がわらじという感覚で使われました。

また、鉄が貴重品だった江戸時代には、馬の蹄に蹄鉄をつけてすり減らすようなもったいないことはできず、馬にもわらじを履かせていました。


レインコートの役割を果たす蓑(みの)も、雨天時の作業に欠かせませんでした。

藁なのに雨を通さないのは不思議ですが、びっしょり濡れた表面を伝って先端から水滴が流れ落ち、下の層にしみ出した水も同様に先端へと流れ、二段目、三段目と層を重ねるうちにほとんど濡れなくなっていくのです。

藁のチョッキのような背中当ても保温性にすぐれ、作業着として愛用されました。

ほかにも笠、帽子、手袋、腰蓑、藁靴など、さまざまな衣料品に藁が使われていました。


昔の農家では、1人あたり蓑と背中当てを各1つ、ぞうり15個、わらじ10個くらいを年間に用意したようです。

蓑は3〜4日で1着、ぞうりは1日20個くらいのペースで作ることができ、自家用以外にも大切な現金収入源として、藁は価値あるものでした。


衣料品以外では、農閑期になると藁で俵を編みました。

藁は食品保存にも大活躍で、俵以外にも酒樽、弁当入れ、おひつ入れ、鍋つかみ、鍋敷きなどにも用いられました。

弁当入れは夏に弁当が蒸れて腐ることがなく、おひつ入れは保温性が高く、いずれもすぐれた実用性を持ち合わせていました。

食品を保存するだけでなく、納豆づくりにも藁は欠かせません。

煮えた豆を藁で包むと、藁の中にいる納豆菌により発酵がおきておいしい納豆ができる訳ですが、まさに生活の知恵ですね。


住宅用でも、屋根の素材だけにとどまらず、壁材や畳まで幅広い用途がありました。

壁は竹材を組んで木舞(こまい)という下地を作りますが、竹材を結ぶのは藁縄で、壁土の芯の部分にはすさという切り刻んだ藁を使用しました。

畳も表面はい草ですが、中は藁でした。

ほかにもむしろから赤ん坊を寝かせておく爐┐犬貝瓠猫のベッドとなる倏つぐら瓩泙如⇒囘咾亘腟鵑鵬砲ありません。


藁を加工する時、ほとんどの場合は加工しやすいよう叩いて繊維をやわらかくしていました。」

不要になった藁製品は土に戻し肥料にしますが、やわらかくて繊維の密度が濃いので、堆肥にするにも灰にするにも未加工の藁と同じ手間で大量の肥やしができたのです。


ちなみに、うるち米よりもち米の藁の方が撥水性・耐久性が高いので、現在は神事用の藁を確保するために、農家にもち米の栽培を依頼している神社もあるようです。


田んぼから生まれたものを無駄なく利用して、再び田んぼへ。そしてまた新しい稲が生まれて…と、昔の人は実に上手にリサイクルさせていました。

環境問題や廃棄物問題が藁をも掴(つか)むような危機的状況になる前に、先人から学ぶことは多そうです。



参考文献
石川英輔『大江戸リサイクル事情』講談社文庫
阪本寧男『モチの文化誌』中公新書

2010.11.29 Monday ごはんと環境 00:00 comments(0)