知ってる?兵庫県認証食品

知ってる?兵庫県認証食品


「食料自給率」の向上が叫ばれるようになった昨今、「地産地消」という言葉もよく見聞きします。

ご存じのとおり、地域で生産されたものを地域で消費することですが、生産者と消費者の距離が近くて安心、輸送エネルギーの低減による環境負荷低減、地域経済や食文化の振興に結びつくことなどから、今や全国的な取り組みになっています。


瀬戸内、日本海という2つの海を持ち、山もあれば島もあり、都会もあれば手つかずの自然も残る兵庫県は、その多様性から「日本の縮図」とよばれています。

この恵まれた風土では数多くの山海の幸が育まれ、まさに「食の宝庫」です。

そんな兵庫県内で生産される食品を審査・認証したものが「兵庫県認証食品」です。


審査の対象となるのは、兵庫県産の農林水産物と、これらを主原料として生産された加工食品です。


認証の基準は主に3つ。

・『個性・特長』を有すること
・食品衛生法などの法令基準が遵守されている『安全性の確保』
・生産者が生産履歴などの情報を開示する仕組みを整備している『安心感の醸成』

です。

『個性・特長』については、環境への配慮や生産者の工夫などの生産方法、糖度や食感といった味や品質、こだわりや愛着などを含めた地域性や歴史のうち、いずれかがあることが基準となります。


認証までにはいくつかのステップが必要です。生産者が申請すると、県の職員が現地を訪問して生産現場や製造施設の衛生確認、生産記録保管のチェックを行い、さらにサンプル検査を実施します。

また、出荷・小売り段階でも県が検査を実施します。

検査により安全性が確認されると、ジャンル別に農産物審査会、畜産物審査会、水産物審査会、加工食品審査会という第三者機関による審査を受け、合格すれば兵庫県より認証されます。


このようにいくつもの厳しい目によって審査されるだけではなく、野菜なら農薬、卵ならサルモネラ菌、牛乳なら抗生物質に至るまで細かくチェックされるのです。


淡路の玉ねぎ、岩津ねぎ、三田牛、いかなごくぎ煮といった兵庫県を代表する定番の名産品から、フルーツパプリカ、モツアレラチーズ、ハタハタ南蛮漬など目新しいものまで、2014年3月末現在で1,695の食品が認証されています。

県内の農産物直売所、スーパーマーケットなどで取り扱っていますが、その目印は兵庫県の頭文字「H」をモチーフにした、親しみやすい「ほっとちゃん」マークです。


兵庫県認証食品のうちお米は70品以上あり、お米を原料とした加工食品も、お酒やお餅はもちろん、米粉のシフォンケーキ、純米酒のアイスクリーム、紫黒米健康酢などバラエティも豊富です。


また、漬け物や豆腐、佃煮などのごはんに合う爐かず瓩眇多くエントリーしています。


このような兵庫県の取り組みは、全国でも先進的な施策として注目されています。

根拠となっているのは平成18年4月に施行された「食の安心安全と食育に関する条例」で、この中では、県民も進んで食の安心安全や食育に関する興味を深めるよう促されています。

とは言え、あまり難しく考えずまずは「ごはん」の食卓にこだわりの味覚が揃う兵庫県認証食品をプラスして、地産地消ならぬ地産狠攸瓩鯡わうことから始めてみてはいかがでしょう。



参考文献・資料
兵庫県認証食品拡大協議会発行『美味し風土』
「安心できる食生活と心身の健康増進に向けて」『月刊神戸っ子』2006年10月号
兵庫県認証食品ホームページ(
http://hyogo-agri.jp/ninshou/
 
2010.11.12 Friday 兵庫の自慢 00:00 comments(0)