収穫を神に感謝 新嘗祭(にいなめさい)

 201010_10.jpg

秋は実りの季節。

今でこそ技術が発展し安定した稲作が可能となりましたが、古代ともなれば人知では計り知れない自然の影響を大いに受ける米づくりは「神頼み」の連続でもあったことでしょう。

それだけに収穫の喜びは格別で、神への感謝も畏敬も今以上のものだったに違いありませんが、どのように神へ感謝の意を捧げたのでしょうか。


新嘗祭とは、収穫を祝い新米や新米でつくったお酒などを神に供え、神とともに食するという祭儀です。
その年の豊作を祈願する祈年祭(としごいのまつり)に対応し、秋におこなわれます。


神戸の生田神社でも毎年11月23日に大祭として新嘗祭がおこなわれ、神に新米、酒、塩、海の魚(鯛)、川の魚(鮎など)、山鳥(キジなど)、野菜、果物、乾物などを供えます。


新嘗祭の歴史は古く、『万葉集』などにも記述があり、古くから民間儀礼としておこなわれていたことがわかります。

当時の儀礼については、男性が村の広場に集って収穫を祝った、女性のみで祭儀をおこなったなど諸説あり、民俗学でもさまざまな議論がなされているようです。


新嘗祭は宮中祭祀でもおこなわれています。
もともと民間儀礼だったものが宮中に取り入れられ、飛鳥時代〜奈良時代の律令制の時代には天皇がおこなう最も大切な儀式のひとつとして定着し、現在も続いているのです。


律令制の頃は、旧暦で11月の下の卯の日とその前日(寅の日)と翌日(辰の日)の3日間おこなわれました。

また、畿内の主要な神社に祀られていた304座の神々へは、天皇から供え物が届きました。


1873年の新暦採用以降は11月23日が祭礼の日となっています。

天皇は夕刻に入浴し身を清められ、午後10時の夕御食(みけ)と午前2時の朝御食と続いて2度、自らの手で今年とれた新米の蒸飯や酒などを供えられ、神とともにお召し上がりになられます。


新嘗祭を基盤として天皇が即位した時におこなわれるのが、大嘗祭(だいじょうさい)です。


新嘗祭は「毎年の大嘗」、大嘗祭は「毎世の大嘗(まいせいのだいじょう)」といわれたように天皇一世一代の儀式で、かつては大嘗祭を済ませていない天皇は「半帝」といわれていたころからもその重要さがうかがえます。


新嘗祭は宮中のみならず、全国の神社でも重要な祭祀としておこなわれています。

伊勢神宮の最重要祭儀である神嘗祭(かんなめさい)も新嘗祭と関連が深く、20年に1度神殿を移す式年遷宮祭(しきねんせんぐうさい)は神嘗祭の大規模なものです。

この20年という年月は籾の保管が可能な期間でもあり、ここにも稲作との深い関係が伺えます。

このように供え物は日本人の食生活を支える食べ物であることがわかります。


いにしえから日本人は米、そして食べ物を大切にし、それをいただく感謝の念を大切にしてきました。飽食の時代と言われている現代、もう一度「感謝」という原点を見つめ直してみる必要があるかもしれません。



取材協力
生田神社 http://www.ikutajinja.or.jp/

参考文献
福田アジオ、新谷尚紀、湯川洋司、神田より子、中込睦子、渡邊欣雄編『日本民俗大辞典』 吉川弘文館

2010.10.25 Monday 収穫の秋の話題 00:00 comments(0)