茶碗に見つける美

 201010_04.jpg


みなさんのお茶碗は美しいですか?


ほとんどの日本人は、「これは私の」とお茶碗を所有し、毎日のように使っています。
つまり、生活の中で何気なく当たり前のように実用している日用品であり、それをあらためて「鑑賞」することはあまりないと思います。


しかし、そこに「美」があるのではないか…と思った人たちがいます。


「民芸」と聞くとどのようなイメージが浮かびますか?
宇野重吉の劇団、という方もいらっしゃると思いますが、多くの方はこけし、いろり端、古びた徳利といった郷土的なイメージを思い浮かべるでしょう。


いかにも「古い」というイメージの民芸ですが、実はその言葉は大正時代に生み出された造語です。


当時、庶民が使用していた日用雑貨や雑器の多くは手づくりの工芸品でした。
日用品ですので当然消耗品として扱われ、文化的であるとか、美しいとかという視点で捉えられていなかったこのようなものはかつて「下手(げて)もの」などとよばれていましたが、思想家の柳宗悦(やなぎむねよし/1889〜1961)たちはそんな民衆の手によりつくられた民衆の生活のための雑貨・雑器にある種の美しさを見出し「民芸」という呼び名を与え、価値を付与していったのです。


これらのものは主に地方の産地で安価な生活用品としてつくられていた工芸品が多く、そのため民芸≒伝統工芸品となっていきました。

このような概念や思想を広めていこうと展開した文化運動が民芸運動です。

民芸における美の特質のうち、特に実用性は「用の美」とも語られ、民芸の重要な概念を担っています。
これは当時の工芸界が美に偏りすぎていく傾向をみせていたことから、柳たちは特に「用」の重要性を唱えたという背景があります。

この「使いやすいものは美しい」という考え方は、後のプロダクトデザイン(工業製品などのデザイン)にも大きな影響を与えています。


民芸運動は前近代的で土着的なものに焦点を当てましたが、そのまなざしは実にモダンなものでした。柳は当時先端をいく考えの持ち主でしたし、生活と芸術の融合を説いた英国のアーツ&クラフツ運動や、過剰な装飾より機能や合理性を重視したデザインを展開するモダンデザインにも関心を抱いていました。
これら海外の潮流と民芸とは、ともに人々の生活を快適で美しくするという、目指している境地が重なっていました。

民芸運動は工業化で消滅しつつある古来より受け継がれた日本の工芸品のなかに、生活を美しくする要素を見つけたのでしょう。


拡大解釈すると、民芸のまなざしとは、茶碗ひとつにも遊びやゆとり、そして美しさを毎日の生活の中で感じるような感性にあるのではないでしょうか。その意味で、シンプルで使いやすい器を愉しむことにも民芸のマインドがあると言えるでしょう。



参考文献
濱田琢司 監修『あたらしい教科書11 民芸』プチグラパブリッシング
柳宗悦『民藝とは何か』講談社学術文庫

<おことわり>本稿では本文中の表記を新字体の「民芸」に統一しています。

2010.10.11 Monday 食と文化 00:00 comments(0)