ふりかけことはじめ

201010_03.jpg

白ごはんはそのままでもおいしいですが、ふりかけをサラサラとごはんにかけると、魔法のように食欲をそそるから不思議です。

今では当たり前のように愛用されているふりかけは、いつ、どのようにして誕生したのでしょう。

ふりかけの生みの親は、実は薬剤師さんです。
時は大正初期、ところは九州・熊本。薬剤師の吉丸末吉氏は、カルシウム不足を補うために魚の骨を粉にして食べることを思いつきました。
小魚をまるごと乾燥させ粉末にするだけでなく、調味していりごま、けしの実、青のりなどを加えて魚臭さを抑えることで、ごはんにふりかければ魚が苦手な人でも魚だと気付かずにおいしく食べられるようにと考案した「御飯の友」という商品が、ふりかけの元祖といわれています。

容器は横から見ると実験用の三角フラスコに似た形で、底面が八角形の瓶が採用されましたが、これは湿気を防ぐために瓶口を細く、中身が多くはいるように底を広くという工夫があります。
「御飯の友」は若干の改良を経たものの、現在も熊本のメーカー・螢侫織个ら発売されています。

「御飯の友」の誕生から数年経った大正14年(1925)、福島市の食料品店の主であった甲斐清一郎氏が、いしもちという白身魚の身を乾燥させ粉砕して昆布の粉末と混合し、醤油ベースの調味料で煮込んで乾燥させたものに、のりやごまなどを加えたふりかけを発明しました。

大変美味だったので「是(これ)はうまい」と命名し販売を開始、すると好評を博します。
甲斐氏はこれを持って東京へ進出し、本格的にふりかけ事業に乗り出すことに。
これが後にヒット商品「のりたま」を世に出す丸美屋の起源です。
当時、「是はうまい」は三越デパートで販売され、かなりの高級品でした。今や庶民の味方のふりかけですが、当時は白米を食べられる階級、つまり都市部の一部の階級の食べ物だったのです。

その後、さらに静岡や広島など各地でふりかけが誕生し、市場も広くなっていきます。
この時期のふりかけは、魚粉などにのりやごまやしそなどを混ぜたもので、メーカーも30〜40社と広がりをみせます。

ふりかけが全国に普及したきっかけの一つに、軍隊との関係があります。
昭和3年(1928)の奉天事件を契機に大陸へ多くの軍隊が動員されるようになりましたが、その兵士たちへの慰問袋のほとんどにふりかけが入れられました。
兵士たちは戦地でふりかけになじみ、帰還後、出身地に戻りその味を伝えていきます。
ちなみに今も自衛隊でふりかけが支給されていますが、これは現在発売されている「御飯の友」と同じものだそうです。

世界に目を向けてみると、ふりかけは同じごはん食文化圏の韓国や中国ではマイナーな存在ですが、不思議とタイでは人気があります。
フレーバーも豚肉、川エビ、トムヤムクンなど、地域性が出ています。

ごはんがなければ、おそらくふりかけは誕生しなかったでしょう。
また日本では、ごはんの調理に塩や香辛料などを使わず、水だけで炊いたシンプルな「白ごはん」を大切にするがゆえに、味をトッピングするふりかけが定着したのかもしれません。

奇しくもふりかけが誕生した時代に、カレーライス、親子丼、カツ丼など、今ではおなじみのごはんメニューも誕生しています。

近代は、ごはんにとっても、新しい時代のはじまりだったようです。


参考文献
熊谷真菜+日本ふりかけ懇話会『ふりかけ−日本の食と思想』学陽書房


2010.10.08 Friday 食と文化 00:00 comments(0)