お米にまつわる「ことわざ」

0830.gifお米とごはんは古くから私たちの生活と密接に関係しています。
それだけに昔からの知恵として、ことわざや格言になっていることが多くあります。
お米とごはんにまつわることわざを集めてみました。
 
●青田から飯になるまで水加減
お米は、田んぼで育てる時もごはんとして炊くときも水加減に左右されるという意味で、何事も加減が大切という教えです。今ではごはんは炊飯器で簡単に炊けるようになりましたが、お米作りでの水加減の大切さは変わりません。


●内の米の飯より隣の麦飯
なんでも他人のものは自分のものより良く見えて、うらやましく思うことの意味です。「隣の芝は青く見える」と同じ意味ですね。


●米を数えて炊く
米を一粒ずつ数えてから炊くということから、小事にこだわっていては、大成することはできないという戒め。また、物惜しみをするたとえ。


●米食った犬が叩かれずに糠(ぬか)食った犬が叩かれる
大きな悪事を働いた者が罪を逃れて、小さな悪事を働いた者が罰せられることのたとえ。いつの時代もこういうことがありますね。


●いつも月夜に米の飯

いつまで続いても、何回続けてもあきないことのたとえ。毎日こうあれば良いけれど、なかなかそうはうまくは行かないという意味もあります。


●米の飯が天辺(てっぺん)へ回る

すっかり贅沢になってしまうという意味です。お米が貴重品で今のように毎日は食べられなかった時代のことわざですね。


●米の飯より思(おぼ)し召し

米のごはんをご馳走してくれたことはありがたいが、それよりもご馳走してくれた気持ちがありがたいという意味です。人の思いやりに感謝する気持ちですね。


●千石万石も米五合

千石・万石の収入がある大名・旗本も、一日に食べるお米は5合もあれば十分足りる。地位に上下はあっても、人間に大きな違いはない。何事も欲張ってはいけないという意味です。「千石万石も飯一杯」とも言います。


このほかにもお米やごはんが登場することわざはいろいろとあります。また地方によってもその土地に伝わることわざがあるようです。気を付けていると新しい発見があるかもしれません。

<参照・出典:岩波書店「広辞苑」、三省堂「故事ことわざ辞典」>
2010.08.23 Monday お米の話3 00:00 comments(0)