日本人の健康はごはん中心の食生活から(保田校長先生)

 日本人の健康はごはん中心の食生活から(保田校長先生)
 私たちが生きていくためには、毎日、さまざまな食べ物が必要となります。これまでの人生を振り返ってみてください。ずいぶんとたくさんの食べ物をいただいてきたことでしょう。そのお陰で、今日の生命があるわけです。
 ところで、私たちの食卓にのぼる食べ物の種類や食べ方は、今と昔ではずいぶんと変わってきています。特に1955年以降の高度経済成長を期に、私たち日 本人の食生活は世界に例を見ないくらい劇的に変化してきたのです。ごはん中心の日本型の食生活は、いつしか朝食はパンを当たり前のように食べ、夕食はハン バーグといった肉や油を使った料理が中心の洋風型となり、便利で美味しい食べ物が当然になってきました。

 確かに、こうした食生活は豊かであり、幸せの象徴かも知れません。しかし、その陰でさまざまな問題が次第に明らかになってきています。

 その一つが健康問題です。確かに子どもたちの体格は大きくなりましたが、かつては老人病と言われていた循環器系の疾患などが子どもたちの間でも珍しくな い時代となってきています。また、特に脂質過剰といった栄養バランスの乱れにより、生活習慣病の一つの指標とされるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症 候群)が若い世代にまで増加の傾向にあります。また、脂質の摂りすぎが一つの原因とされる大腸ガンや乳ガンが増え続けていることも大変気がかりな現象で す。

 脂質の過剰は肉や油を使用した料理が多くなったことだけが原因ではありません。せっかくの脂肪ゼロの食材である野菜にドレッシングやマヨネーズをかけ油 まみれにしたり、おやつとしてスナック菓子やバター味の洋菓子を食べたりといった食習慣も関係しています。かつては野菜のおひたしには油は使いませんでし た。干し柿や干し芋、かき餅、おにぎりなど昔のおやつには、脂肪分がほとんど含まれていませんでした。

 そもそも日本人は欧米人に比べて小腸が長い、乳糖分解酵素(ラクターゼ)が少ない、血糖値を下げるインシュリンの分泌能力がほぼ欧米人の1/2程度と いった身体的特徴があるとされています。そのような面からも、生活習慣病を予防し、便秘を避け、アレルギーやガンを予防する上でも、ごはん中心の和食は私 たち日本人に最適なのです。

 これまで日本は世界一の寿命と健康寿命を誇ってきましたが、その一因はごはん食にあるのです。WHO(世界保健機関)の協力を得た調査によれば、非米食 文化圏は米食文化圏に比べて肥満も高脂血症も多く、心筋梗塞の死亡率はなんと5倍にものぼるというデータが出ています(注)。

 かつて、私たち日本人の食生活では当たり前の食べ物であった緑の野菜、豆類や海藻、そして青魚を見直し、ごはん中心の食生活を実践することが、健康に生きる上で大変重要になってきています。

注)循環器疾患の一次予防に関するWHO国際共同研究センター「高血圧、主要循環器疾患の栄養因子−食事による予防のための国際比較研究−」より
2009.08.03 Monday 過去の記事 00:00 comments(0)