お米の食品表示<有機JAS>

お米の食品表示<有機JAS>

有機食品の表示については、平成11年のJAS法改正によって、有機農産物及び有機農産物加工食品の日本農林規格(有機JAS規格)が制定されています。


有機農産物については、農薬や化学肥料は使用しないのが原則で、やむをえない場合はリストで認められたものだけが使用可能です。

また、種まき、植え付けの時点からさかのぼって一定期間、農薬や化学肥料を使っていない水田で栽培することや遺伝子組み換えの種苗を使わないこと。

生産から出荷までの生産工程管理などの記録を作成することが求められています。


有機JASの認定は、農林水産大臣に認定された登録認定機関が農家などの申請者が認定基準に適合しているかどうかの検査を行って判定します。


以前は基準が明確でなかったため、紛らわしい表示がされていることがありましたが、現在では、有機JASマークが付けられたものでなければ「有機」「オーガニック」などと表示できません。

そして、きちんと決まりを守って作物が作られているか1年に1度検査を受けることになっています。


また、有機栽培以外にも「特別栽培農産物」と呼ばれるものがあります。

これは農薬や化学肥料の使用をそれぞれ慣行の半分以下にして栽培された農産物のことです。

これまで「減農薬」や「減化学肥料」などと呼ばれていましたが、新たに「特別栽培農産物」として統一されました。

この表示を行う場合も農薬や化学肥料の使用状況の表示など、さまざまな決まりがあります。


食の安全と環境への配慮が求められている現在、今後こうした農産物はますます増えていくものと考えられます。


<参照・出典:農林水産省HP>

2010.06.30 Wednesday お米の話2 00:00 comments(0)