親から子へと伝える「食」のあり方

 110330.gif

いま子供たちに対する食育の大切さが盛んに言われています。

食育には、健全な食習慣を身につけさせるほかに、日本の伝統の味を子供に伝えるという目的があると思います。


子供は放っておけば、脂があって甘みがある、欧米型の食事を好きになってしまいます。
私は、将来自分が食べるものの基盤を作るという意味で、子供に日本の伝統的な味を教えることが重要だと思っています。


そのためには日本の伝統的な食べ物、ごはんやだしなど、昔から人々が食べてきたものをおいしく感じるようになることが、一番大事だと思います。


そこで、お父さんお母さんにぜひやっていただきたいのは、ごはんを食べることです。
ごはんをたくさん食べれば自然にそれに合うものを作りますから、野菜もだしも全部ついてきます。

白いごはんを食べるということが子供に伝統の味を伝える一番簡単で効果的な方法だと思います。


日本人のお米の消費量は、高度経済成長以降どんどん減ってきています。

戦前は一人が1年間に120〜130kgのお米を食べていましたが、今では輸入農産物に押されて年間55kgほどになっています。

でも、お米なら日本で作っていますし、農家の人が近くにいて、その地域で作っているわけです。

食育で言われている大事なことはすべて“ごはんを食べましょう”でできることではないでしょうか。


おかずについていうと、日本はごはんのおかずとして西洋のものをうまく取り入れてきました。

これは続けたほうがいいと思います。
家庭で作るハンバーグなどは典型ですが、それをパンにはさんでしまうともう日本型ではなくなってしまいます。

だから、ごはんとおかずという形を変えずに新しい料理を取り入れていくのは大事なことだと思います。


最近では、親と子供が一緒に食事をしなかったり、親が子供に何を食べたいかを聞いたりしていますが、これはあまりよくありません。

食の教育という観点から見れば、親が、長い歴史の中で出来上がった食の文化を子供に与えなければいけないのに、子供が食べたいものを提案して親がそれに合わせるというのは、食育の逆流であり退行だと思います。


ではどうすればよいかと言うと、親は子供の前でおいしそうに食べることです。

これはとても大事だと思います。
無理やり強制して食べさせても子供は嫌いになるばかりです。
子供は親がおいしそうに食べるのを見て「ああ、自分も大人になったらこういうものを食べるのかな」ということを学んでいくわけです。

食の好みは遺伝しません。
好みは、親が子供に教えて初めて伝わっていくものです。

もし子供に何も教えなかったら、食の文化は途絶えてしまうということです。

食べて欲しい味を子供に伝えるのは、早く始めるほど楽です。
幼稚園、小学校に行って子供が自分の好き嫌いを作ってしまってからでは、親が無理やり食べさせようと思ってもすごく大変ですから。


べつに食経験の豊富な子供に育てる必要はありません。
ごはんとだしのおいしさがわかる子供であれば十分です。それには幼児期の「食」がカギになります。まずごはんとだしを好きになる食育を進めてみてください。

平成27年1月一部改訂
2011.03.30 Wednesday ごはんと食育 00:00 comments(0)