『和風ごはん食は、なぜ健康性に優れているのか?』

 


日本人の、ごはんと一緒に魚、野菜をしょうゆ味と味噌味で食べる和風ごはん食が、もしかすると世界一健康的な食生活ではないかという評価が、専門家の中でされるようになりました。

そのポイントですが、炭水化物:脂肪:たんぱく質のエネルギーバランスが62:25:13くらいの比率にあるという見方がありますが、それは必ずしもきちんと日本人の食生活を分析評価していないと考えます。


皆さんの食生活を改めて見直せば、そのわけがわかると思います。

朝食にはごはん、ハムサラダ、味噌汁、納豆、漬物。
昼食として、子どもたちは学校給食を食べますが、家にいるお母さんやお年よりはお茶漬けと漬物、時にはおむすびと味噌汁のような脂肪の少ない炭水化物中心のものを食べる。


昨日の夕食が肉料理だったときには、今日の夕食をお刺身とごはん、野菜の煮物、味噌汁のような脂肪の少ない食事にするなど、栄養バランスの違う食事をあれこれ食べてはいませんか?


そうです。和風ごはん食はごはんを中心において、おむすびのような脂肪の少ない高炭水化物食から、すき焼きやとんかつごはんのように高脂肪の食事まで。

しょうゆ味料理から油味料理まで。
多様な献立を、自由に食べられることを基本としているのです。


このように栄養バランスを幅広くブランコが揺れるような食べ方を『揺食』(ようしょく)というのですが、この食べ方を子どものときから経験すると、食後の血液性状が大きく違ってきます。

おむすびのような炭水化物中心の食事を食べたあとには、血液中にはぶどう糖とインスリンが流れて暫らくすると血液は綺麗に掃除されたかのように清澄になります。

それに対してトンカツのような高脂肪の食事を食べると、血液は牛乳のように白く濁り脂肪がたくさん流れます。

このような食後の血液内容の変動を通して、全身の細胞は「脂肪の少ない食事もあれば脂肪の多い食事もある」ことを幅広く認識する能力を養います。

それが下地になって、子どもたちは『今晩、なにを食べたいの?』とお母さんに聞かれたとき、体が脂肪をほしがっているかどうかを感じながら、鳥のから揚げとか御寿司とか、食べたい料理を指名するわけです。


揺食を基盤とした『食歴』が豊かであることは、中年を迎えて筋肉が減量・活性をへらし、基礎代謝の低下を迎えたとき、脂肪の分解力低下を体が鋭く認知して、洋食や中華よりも和食、肉よりも魚、炒めものや揚げ物よりも煮物、焼き物、刺身など、低脂肪食を中心に食べることを可能にします。


それに対して、アメリカなどでよく見られるように、ハンバーガー、ピザ、パスタ、ステーキと高脂肪食ばかりを偏食するワンパターンの食歴しかもてない場合、中年をすぎても体は高脂肪食を求め、脂肪の過剰摂取による肥満と心臓冠動脈硬化による心臓病を多発させてしまいます。


和風ごはん食が健康性に優れている理由は、栄養バランスの幅がワイドであるからであり、しょうゆ味から油味まで幅広く料理を食べられることにあるのです。

2011.03.22 Tuesday ごはんと食育 00:25 comments(0)