お米の量と田んぼの広さ


 


みなさん昨日は何杯のごはんを食べましたか? 
私たちが毎日食べているお米の量と必要な田んぼの広さの関係について見てみましょう。


お茶わん1杯はお米の量にして約65グラム、お米の重さは1粒が0.02gぐらいですから、ごはん1杯には、約3250粒のお米があることは以前にお話しました。

では3250粒のお米を作るにはどれくらいの広さの田んぼが必要なのでしょうか? 


お米の収穫量は、品種や栽培方法、天候などの条件でかなりの差がありますが、秋田県の平成17年のデータを見ますと、


1平方メートル当たりの株数20.0株
1平方メートル当たりの穂数445本
1株当たりの穂数22.25本
1穂当たりのもみ数71.2粒
千もみあたり収量18.5g
1平米当たり全もみ数約3万1700粒


となっています。


これで計算すると、71.2×22.25=1株当たり1584粒になります。
つまりお茶わん1杯のお米の量は、田んぼの稲で2株強ということになりますね。

実際はもみで収穫した後に脱穀して選別すると1割ほど量が減ってしまいますのでその分も計算に入れておいてください。


では、私たちが1年間に食べるお米を作るにはどれくらいの広さの田んぼがあればいいのでしょうか?
1年間に食べるお米の量は61kg(平成17年度)、収量は1000平方メートル当たり約500kgですから、61kgのお米を生産するのに必要な面積は


100÷500×61=122平米


となります。1割余裕を見て、だいたい40坪でしっかりと稲を育てれば1人が1年間食べていくお米がとれる計算になりますね。


どうですか?みなさんの想像よりも広かったですか、狭かったですか。



<参照・出典:農林水産省HP、秋田農政事務所HP>