お米と単位<面積>

 110301.gif

私たちの家庭でも1升、1合のように尺貫法の単位がまだ使われることがありますが、お米や野菜を作る農業の現場でも反(段)歩(坪)など、家庭とは違った尺貫法の単位が残っています。


昔は米1石が大人1人の1年間の消費量に相当することから、米1石の収穫が上げられる田の面積を1反としていました。

ですから、土地の条件によって1反の面積は異なることになります。
その面積はおよそ360歩でしたが、豊臣秀吉の太閤検地によって1反は300歩に改められ、それが現在にまで引き継がれています。

300歩に減らしたのは、年貢を多くとるためという説もありますが、生産技術が上がって300歩程度で1石の収穫が上げられるようになったためとも言われています。


明治時代にメートル法が導入され、1尺=(10/33)メートルと定められたので、そこから1反=991.74平方メートル=9.9174アールとなりました。

町・反・畝の値はそれぞれ1ヘクタール10アール1アールに非常に近いので、メートル法への移行は、比較的スムーズに行きました。

ですが歩(坪)はメートル法に置き換えても3.3平方メートルと端数が出るため、現在でも使われることがあります。

田んぼ1反あたりの米の収穫量を反収(たんしゅう)と言いますが。メートル法の今日でも、10アールあたりの米の収穫量のことを反収と呼んでいます。


ちなみに尺貫法の長さの単位にも「町」がありますが、長さの1町は60間、109.09メートルで、面積の「町」とは別のものです。

混乱を避けるために面積には「2町歩」というふうに「歩」を付けます。

また、「反物(たんもの)」など布の大きさの単位の「反(端)」は、おおむね一着分の幅・丈の大きさで、こちらも違うものです。


●尺貫法の面積
町(町歩)= 10反=約9917.4平方メートル= 約1ヘクタール(ha)
反(段)= 10畝= 約991.74平方メートル=約10アール
畝= 30歩(坪)= 約99.174平方メートル= 約1アール(a)
歩(坪)=6尺平方=3.3平方メートル



<参照・出典:「大江戸ものしり図鑑」主婦の生活社、石川英輔「ニッポンのサイズ 身体ではかる尺貫法」淡交社>