お米マイスター




レストランに行っておいしいワインを飲みたいと思ったとき、わたしたちはソムリエという人に相談します。
ソムリエは、料理に一番合うワインを選び、そのワインについて様々な説明をしてくれます。

では、おいしいごはんを食べたい、お米に関して詳しく知りたいと思ったときには、誰に相談すればいいでしょうか。


「お米マイスター」という人がいます。


お米マイスターは、日本米穀小売商業組合連合会(以下、日米連)に認定された、まさにお米の専門家です。
お米マイスターには、三つ星お米マイスターと、さらに高い専門的知識を持つ五つ星お米マイスターがいます。

三つ星お米マイスターになるためには、日米連が主催する講習を受け、筆記試験に合格する必要があります。
お米屋さんを営んでいるなどお米に関する専門的経験がある人にのみ受験資格が与えられます。

五つ星お米マイスターは三つ星お米マイスターでないと受験できません。
当然、合格するには、お米の精米技術や消費者に対する説明などの難しい実技試験を突破しなければなりません。


このような厳しい試験を突破したお米マイスターは、専門的な知識を生かして各地でお米やごはんに関する情報を提供しています。
その一つとして、お米マイスターが小学校に行ってお米に関する授業を行う「ごはんパワー教室」があります。
この授業では、お米がどのように作られ、流通・加工を経てごはんとして食べられるのかということだけでなく、朝食にごはんを食べ、バランスの良い食事をすることの大切さも学びます。

お話の後にはみんなで炊いたごはんをおむすびにして食べ、ごはんのおいしさを再確認します。
最後に、子ども達には、お米について勉強した証(あかし)として「ジュニアお米マイスター」の認定書とバッチが渡されます。
このような授業は、全国で年間1000カ所以上で実施されています。


また、お米マイスターはお米のブレンド技術の向上にも取り組んでいます。
料理の世界では創作料理が広まっていますが、ブレンド米も職人としての経験を生かした創作米といえるでしょう。

お米と一口にいっても、味や硬さ、粘り、香りなど様々な性質があります。
そのような個々の性質を把握した上で、ニーズに合うようお米をブレンドします。

たとえば、すし飯に使うお米は、粘りが少なく、適度な硬さをもち、味は控えめであるのがよいとされています。
しかし、一つの品種でそのような性質を全て兼ね備えているお米はありません。
そこで、特徴のあるお米を組み合わせ、すし飯として理想のお米を創作するのです。

今、スーパーやディスカウントショップなど、お米は様々なところで販売されていて、お米屋さんでお米を買うことが少なくなったという人もいるでしょう。
しかし、お米の専門家であるお米マイスターがみなさんの家の近くにもいるかもしれません。

お米マイスターのいるお店は日米連のHPで検索できます。
みなさんもお米マイスターにいろいろなことを相談し、いつも食べているお米をもう一度見つめ直してみてはいかがでしょうか。


日本米穀小売商業組合連合会(http://www.okome-maistar.net/
2011.02.28 Monday - 00:00 comments(0)