お米作りに使う機械

110218_img.gif
お米作りのさまざまな作業で農業機械が使われています。

お米作りに機械が使われるようになって、農家の人の労力と時間は大きく低減されました。


いつごろどんな農業機械が出てきたか見てみましょう。





●1950年代
田起こしや代かき、荷物の運搬など多用途に使える耕うん機が普及しました。
1953年には3.5万台ぐらいだったものが、1960には50万台を突破、1965年には300万台にまで急速に普及しました。
また肥料や農薬をまく時に使う動力噴霧機・動力散布機が広く使われるようになりました。

●1960年代
稲を刈り取って束ねるバインダーが広く使われるようになりました。
機械化が遅れていた田植機も、1960年代後半には実用化され、耕うん、田植え、管理、収穫、乾燥、調製などの稲作の一連の作業が機械で行える体制が整います。

●1970年代
田起こし・田植えからイネの刈り取り・米の乾燥までをすべて機械で行う機械化作業が広く行われるようになりました。トラクターやイネを刈り取って脱こくして収穫できるコンバインなどは乗用型が普及し始め、農業機械の大型化、高性能化が進みました。

●1980年代以降
電子制御を取り入れることによって農業機械は高性能になり、精密な作業もできるようになりました。
また、操作性の向上や居住性の改善、安全対策など、急速な技術発展を遂げました。
90年代以降はパソコンが普及して、作業・出荷管理に役立てられるようになりました。


現在の稲作で、一般的に使われる農業機械は

1. 苗を育てるための種まき機と育びょう機
2. 田おこし、代かき、たい肥をまくためのトラクター
3. 田植えを行うための田植え機
4. 農薬をまくための動力防除機
5. 稲刈り・脱穀を行うコンバイン
6. 収穫したイネを乾燥・もみすりを行うための乾燥機と籾摺(もみす)り機

などが一般的に使用されています。


のほか、人と荷物を乗せて田んぼに運ぶ軽トラック、経営や気象情報、販売情報などの収集に使うパソコンも重要なものとなっています。



<参照・出典:米穀機構・米ネットHP、(社)日本農業機械工業会HP>