お米ができるまで

わたしたちが毎日食べているお米。

苗や田んぼの準備、田植えから稲刈りまで、長い時間と多くの手間がかかっています。水田でお米ができるまでを見てみましょう。


110210_img.gif

田おこし
春の3月から4月頃、田んぼの準備を始めます。田んぼの土を掘り起こして空気を入れ、わらをすき込んだりして土を柔らかくします。この時はまだ水を入れずに行います。

苗づくり
4月はじめ頃、種もみを選別して育苗箱にまき、発芽させます。それをビニールハウスに移して、田植えができるまでに大きく育てます。

代かき
田んぼに水を入れて、肥料をまき、田植えに備えて土を平らにならします。これは苗が同じ深さに植えられるようにするための大事な作業です。

田植え
暖かくなった4月おわりから5月はじめ頃、苗の長さが12〜13センチ、葉が3枚〜4枚程度になったら、田植え機に苗をセットして、田植えを行います。やがて稲は生長して、根に近い茎の節から新しい茎が増えていきます。これを「分けつ」といいます。

草取り肥料水の管理
夏に向かって、稲はぐんぐん育ってきます。定期的に肥料をまいたり雑草を取ったり、水の量を細かく調整したり、害虫の発生やイネの病気の発生に注意を払います。7月頃に土に酸素を十分に取り込むために「中干し」といって、いったん水を抜いて土を乾かします。

出穂(しゅっすい)と開花
8月上旬から下旬頃に茎の中から、さやを割ってうす緑色の穂が出てきます。この穂にお米の花が咲きます。ひとつの穂にはおよそ100〜200個の花が付きますが、ひとつひとつの花が咲いているのは2時間ぐらいの短い間で、この花がもみ(米)になります。花が咲くこの時期の天候がお米の収穫量に大きく影響するので、農家にとっては気の休まらない時期です。

稲刈り脱穀
花が咲いて受粉が終わると徐々にめしべの根元の部分(子ぼう)がふくらんでお米になっていきます。重みで穂先がたれて、外皮は黄金色になった9月下旬から10月頃、いよいよ実った稲を刈り取ります。現在では、コンバインで稲刈りと同時に稲穂からもみを取り分ける脱穀を行うことが多く、作業の手間もずいぶんとかからなくなりました。


田んぼの準備から稲刈りまで、およそ6か月かかって、ようやくお米ができます。

農家では、苗やイネの育て方、肥料や水の管理などさまざまな工夫が凝らして、おいしいお米を作ろうと努力されています。

3〜4月  稲の苗を育てる、田起こし
4〜5月  代かき、田植え
6〜8月  水の管理、追肥など
8月    出穂・開花
9〜10月 稲刈り


※地域や品種によって、苗づくりから収穫までの期間は多少異なります。また、田植えや稲刈りの時期は、寒いところでは早生種が多く、暖かいところでは晩生種が多いので、必ずしも南から順番に北に上がっていくという訳ではありません。山間地や棚田などではそれにあわせた小型の機械を使ってお米作りを行っています。