グリーンテクノ計画

 img_110209.gif

前回は稲の遺伝情報を解明するイネゲノムについてお話しました。

稲の設計図といえるイネゲノムの解析は2004年に全塩基配列を解読して一応終わりましたがこの研究で得られた成果を実際の作物に応用する計画が2005年から進んでいます。

これが「グリーンテクノ計画」です。


稲の塩基配列はわかりましたが、まだ遺伝子の機能についてはわからないことが多く、どの遺伝子を利用したらよい品種ができるかはわかっていません。

この遺伝子の役割の研究をさらに進めて、実際の作物に応用していこうというのが「グリーンテクノ計画」の目的です。


具体的には、有用遺伝子・遺伝子間ネットワークの機能解明、効果的な育種法(ゲノム育種技術)の開発などで、たとえばコシヒカリは味が良いことで知られていますが、病害虫や冷害に弱い面があります。

これを、味はそのままに弱点を改良した品種を開発することが可能になると考えられています。


この他にも、多収穫できる稲、倒れにくい稲、バイオ燃料を作るのに適した稲、生活習慣病やアレルギーなどの予防に役立つ稲、などの開発が期待されています。


世界の人口は、21世紀の半ばにはおよそ90億人に達すると予想されています。

世界の人口の半分以上が米を主食にしていますから、稲の研究は食料の安定供給を目指す上でも注目が集まっています。



<参照・出典:農林水産省HP、独立行政法人農業生物資源研究所HP>

2011.02.09 Wednesday 先端科学とお米 00:00 comments(0)