世代別で見るごはん食<高齢期>

 110130.gif

日本の男性の平均寿命は80歳、女性は87歳(WHOの世界保健報告2014年度版)で世界でも有数の長寿国です。

その長生きの秘訣は、栄養バランスのよい日本食を食べていることもひとつの要因になっているのではないでしょうか。


ごはんを主食に、主菜・副菜といういろいろなおかずを組み合わせて、バラエティ豊かに食べる食事のスタイルは、栄養素のバランスを非常にとりやすく、日本人の長寿に役立っていると考えられています。


ごはんは、エネルギーとたんぱく質の両方を補給できるすぐれた主食です。

塩分や脂質をほとんど含まないことから、高血圧や糖尿病、あるいは心疾患などをもっている高齢者にも最適です。


また、水加減によって、おかゆ、おもゆなどにすることもでき、高齢者に適した食べ物といえるでしょう。


最近では、ただ長生きをするというだけでなく、健康で元気に暮らし続けることが大切になってきています。

そのためには、高齢になっても毎日の食事の栄養のバランスに気をつけて、よい栄養状態を維持することが重要です。


そして、年をとるとうまく噛めなくなったり、やわらかい物を食べたくなったりと、噛む機能が徐々に衰えてきます。


だからこそ、ごはんをしっかりと噛んで食べることは、意欲や判断力をつかさどっている脳の前頭葉を活性化することにもなり、脳と体の健康にとって大切なことです。


高齢になると食が細くなりがちですが、栄養を取ることを意識して、ごはんをおいしく食べられる献立や食欲が出るような食卓づくりが必要になります。



<参照・出典:農林水産省HP、農林水産省・食生活指針>