梅雨がもたらす楽しみ

梅雨がもたらす楽しみ

明日から6月ですね。

6月と言えば、多くの人が連想するであろう「梅雨」。ジメジメするし、雨ばかりでなんとなく気分も沈みがち…なんていう方も多いのではないでしょうか?

 梅雨とは、春から夏へと気候が変わる6月〜7月中旬にかけて、中国の長江下流域・朝鮮南部から北海道を除く日本列島に見られる雨期のことを言います。雨を降らせる原因となる「梅雨前線」は、小笠原高気圧とオホーツク海高気圧の境を数千キロにわたって東西にのびる前線のことで、ほぼ40日かけて本州を北上します。前線の北側はオホーツク海高気圧からの冷たい北よりの風、南側は小笠原高気圧からの温かい湿った南よりの風が吹いていて、これら2つの気流が前線付近に集まって上昇気流ができることで、雲が発生し雨が降るのです。

 では、「梅雨」という言葉はどのようにして生まれたのでしょうか?梅雨は、中国から来た言葉。長江流域では、梅の実が熟す頃に降る雨のことを指し「ばいう」と呼んでいました。しかし、日本人はその言葉をそのまま輸入するだけでなく、梅を加工して梅干を作るように、雨から「露(ツユ)」を連想して、梅雨のことを「ツユ」と読むようになったと言われています。また、元々中国では「カビの生えやすい時期の雨」という意味で「黴雨(ばいう)」という字を当てていましたが、カビの季節とはいえ語感が悪いので、季節にあった「梅」の字を使い「梅雨」という字に改めたという説もあります。梅雨の語源は実にさまざまです。


梅雨があるからおいしいお米が食べられる!



 たくさんの雨が降り続く梅雨。普段生活するにはうっとうしく感じてしまうこともあるかもしれません。しかし梅雨は木々や草花が命の盛りを迎える季節でもあります。アジサイやショウブなど、雨が似合う花々を眺められるのも、この時期ならではの楽しみです。ホタルが川面や草むらを飛び交ったり、アサリやマテガイなど潮干狩りで見られる貝が旬を迎えるのも、ちょうどこの頃です。

 また、稲作にとって雨は恵みそのもの。梅雨に入っても、カラ梅雨で日照りが続けば、水が不足し、稲は育ちません。米作りのためにも、梅雨は極めて大切な、歓迎すべき季節なのです。

 このように、雨は稲作に欠かせないものですが、雨と水田にはもっと深いつながりがあります。大量の雨をうまく処理するうえで、実は水田が重要な役割を果たしているのです。例えば、

「水資源かん養機能」
水田に貯められたかんがい用水や雨水が地下に浸透し、その一部が下流で湧水となって河川に流れ出ることで、河川の流れを一定に保ちます。

「洪水防止機能」
水田が雨水を貯め、時間をかけてゆっくり流れ出ることで、洪水を防いだり被害を小さくします。

「土砂崩防止機能」
水田がかんがい用水をゆっくりと浸透させ、地下水位の急激な上昇を抑えることで、地すべりなどの災害を防ぎます。

「土壌浸食防止機能」
水田に貯えられた水や、畑に植えられた作物の葉や茎が、雨や風の影響を和らげ、土砂の流出を防ぎます。

 以上のような働きから、よく「水田はダムである」と言われます。もし、水を一時的にコントロールし、ゆっくりと河川に流していく水田がなかったら、洪水による被害はさらに大きくなり、肥沃な表土の流失によって、日本は今のような高い農業生産力を保つことはできなかったでしょう。水田と雨は、互いに欠かすことのできない存在なのです。

 このように、梅雨のおかげでおいしいお米が食べられる!梅雨ならではの緑や雨の音も楽しんでみよう!そんな気持ちで、1年のうちほんの数週間しかないこの季節を過ごしてみませんか。

(出典・参照)
『水と緑と土』(富山和子、中公新書、1974年)
『水田のはたらき』(関矢信一郎、家の光協会、1992年)

2010.05.31 Monday 健康と環境 00:00 comments(0)

食生活で発がんを防ぐために

 食生活で発がんを防ぐために

日本人にとって、がんは死亡原因の1位を占める病気です。現在でも3人に1人が、がんにより亡くなっています。がんに関しては、生活習慣がある程度重要な因子であることが明らかにされています。イギリスのドール博士らによる一連の疫学的研究によれば、がんの発生の約35%は食生活に、約30%はたばこに要因があるという調査結果が得られているのです。がんの6割以上が口から入るものに原因がある訳です。

食生活は、がんと深い関わりがあるようです。ハワイに移住した日本人のがん調査によれば、日本人に多い胃がんが少なくなる一方で、アメリカ人に多い大腸がんが増加しています。欧米風の食生活になじみながら過食が増えてきた昨今の日本でも、やはり大腸がんが多くなってきているようです。

過食や脂肪過多は乳がんや大腸がん、前立腺がんの原因のひとつになっていますし、食塩の過多は胃がんを誘発する因子になっています。


一方でビタミン
ACEには発がん物質の生産を妨げる働きがあり、野菜に含まれる繊維質は腸内の発がん物質を薄めたり排出したりする作用を持っています。

また、大豆たんぱく質に含まれるイソフラボンは、男性にとって前立腺がん予防、女性にとって更年期障害の緩和に効果的であることがわかってきています。体内で発生した活性酸素は細胞や血液中の脂質を攻撃して過酸化物質(悪玉脂肪)に変化させ、がんや脳・心臓血管系疾患を引き起こしますが、緑茶に含まれるカテキン、ウーロン茶に含まれるポリフェノール、ワイン(特に赤ワイン)に含まれるワインポリフェノール、ごまに含まれるゴマリグナンなどの抗酸化物質はそんな活性酸素の働きを抑制します。


食物中に含まれる発がん物質の濃度はそれほど高くはありませんが、毎日同じような食品を食べ続けると、身体をがんの危険にさらすことになります。食品群の中にはがんを引き起こす物質と抑制する物質があるので、偏食しないでいろいろな食品をバランス良く食べることが発がんの危険を相殺してくれるだけでなく、栄養面でも健康を支えてくれるのです。


アンバランスな栄養や変化のない食生活、過食、脂肪や塩分の過多、ビタミンや食物繊維の不足など、食生活の危険因子を取り除き、さらに禁煙すれば、がんを予防できる可能性は高くなります。つまり、毎日の食生活で考えて食事内容を決めることが大切なのです。基本的に食べ物に悪い食べ物はないと思います。悪いのは食べ方にあるのではないでしょうか。


2010.05.17 Monday 健康と環境 00:00 comments(0)

ごはん食と運動で体脂肪ダイエット

 ごはん食と運動で体脂肪ダイエット

現代は、総ダイエット時代。はと麦ダイエット、リンゴダイエット、そしてバナナダイエットと、食べて簡単にやせる法が泡を掻き立てては消えていきます。それに反応した人々はしぼんでは膨らむヨーヨーダイエットを繰り返し、筋肉と骨を減らしながら体脂肪率をどんどん増やして、かえって太りやすい体に変えていきます。そろそろダイエットの王道をつかんで、筋肉と骨をしっかり作る本格的ダイエットに取り組んではいかがでしょう。

体脂肪は、エネルギーの摂取量が消費量を上回るような、食べたいものを食べてグータラ生活を続けた結果、余分なエネルギーが脂肪となって脂肪組織に蓄積されたものです。毎日しっかり汗を流す肉体労働やスポーツをすれば、体脂肪蓄積はおこりません。多くの場合,肉体労働と運動が足りないエネルギー消費不足が、体脂肪蓄積の原因です。したがって、ダイエット成功の第1原則は、しっかり体を動かし汗を流す生活を心がけることです。

しかし、人間は中年過ぎからたんぱく質合成力が低下して、細胞のたんぱく質代謝のためのエネルギー代謝(基礎代謝)を低下させ、太りやすい体になっていきます。基礎代謝は1日のエネルギー消費量の50パーセント以上を占める最大のエネルギー消費項目です。夜の睡眠中も日中も休みなく続く基礎代謝を大きくして、ちょうど自動車のエンジンを大きくすると停車中でもガソリンが沢山燃えるように、体のたんぱく質合成を活性化して基礎代謝を高めて生きること、これがダイエットの第2原則です。それには筋肉たんぱく質を増量できるような運動を実行することです。誰にでもできる、いつでも、どこでも、雨・風・雪・暑い・寒いに関係なくできる115分・重さ300gの玄米にぎにぎダンベル体操がお勧めです。

次に、食生活をファットカットして脂肪の過剰摂取を避け、あわせて砂糖・ブドウ糖・主食の粉食を控えることです。これがダイエットの第3原則です。カロリー源である脂肪と炭水化物は、等しい速度で燃えるのではありません。炭水化物はきわめて速やかに燃えますが、脂肪はゆっくりとしか燃えません。もしこの二つが一緒に体に入った場合、脂肪は燃えず炭水化物が優先的に燃えます。これは炭水化物が血中ブドウ糖を高めてインスリン分泌を刺激するためです。インスリンは、血中に吸収された脂肪を筋肉と心臓に入らないようにして燃えないようにし、さらに血中脂肪を脂肪組織に取りこませて体脂肪にしてしまいます。つまり、炭水化物の中でもインスリン分泌刺激力の強いブドウ糖や砂糖、そして甘みはないが砂糖と同じ刺激力を持っている芋やパン、ビスケットなど、いわゆる粉食を、フライやソテーのような高脂肪料理と食べ合わせると、見事に体脂肪過剰蓄積による肥満体が完成してしまうのです。欧米人が太るのは、パンや芋を肉・野菜の油料理で食べる食生活が日常化しているからです。

日本人がスリムで長生きという健康体を保持してきたのは、ごはんを中心に、魚・野菜を醤油料理の低脂肪食で食べ、肉を煮物やしゃぶしゃぶのように油抜きして食べる食べ方をしてきたからです。ごはんは粒食であり、食後のインスリン反応がパンなどに比べて弱いことも肥満防止に大いに役立っています。白いごはんと醤油のコンビは、ダイエットの第3原則の核として大事です。

2010.05.10 Monday 健康と環境 00:00 comments(0)

環境共生型の「コウノトリ育む農法」

 環境共生型の「コウノトリ育む農法」

季節はすっかり冬になりました。みなさんの家の近所の田んぼはどんな状況ですか?ほとんどの田んぼは、刈り残された稲の根もとの部分だけが冬枯れのまま…という状態ですよね。ところが、兵庫県北部の豊岡地域では、なんとこれから田植えでもはじまるの?と思うくらい田んぼにひたひたと水が張られています。いったいなぜでしょう?

豊岡地域ではご存じのとおり、20059月よりコウノトリの試験放鳥が開始され、現在では約30羽ものコウノトリが自然の中で暮らしています。そこで、コウノトリの生息に適した環境や生態系を整備・保護・再生するとともに、生き物や人間が暮らしやすい環境づくりに貢献しながら安全・安全な農産物を生産しようとおこなわれるようになったのがコウノトリ育む農法です。

コウノトリ育む農法による米づくりの特徴は、農薬の不使用または削減、栽培期間中の化学肥料の不使用、種もみの温湯消毒(薬品で消毒しない)、地元の堆肥や有機資材の活用などが挙げられ、環境に配慮した手法となっています。田んぼに冬の間にも水を張ることを冬季湛水(たんすい)、春の早い段階から水を張ることを早期湛水といいますが、これらもコウノトリ育む農法による米づくりの重要なステップです。


湛水により田んぼにはコウノトリのエサとなるドジョウやフナなどの小魚、カエルなどの小動物が生息するようになり、コウノトリの餌場となります。加えてハクチョウやカモなどの野鳥も飛来するようになります。しかし、メリットを享受するのは鳥たちだけではありません。水を張るとイトミミズが繁殖し、その糞で土壌はやわらかくなり、雑草が生えても根が張りにくいので抜けやすくなります。また、米ぬかをまいて水を張るとイトミミズのほか乳酸菌も繁殖、トロトロの層が水底にでき、それが雑草の種子を土壌に埋め込み発芽を抑制する効果があります。さらに、カモ類は水に浮いた雑草の球根も食べてくれます。つまり、除草剤なしで雑草を抑えることが可能となり、農薬の不使用または削減にもつながるのです。


食の安全が関心を集めている昨今、農薬や化学肥料を削減し自然の力を巧みに利用したコウノトリ育む農法の米づくりは注目を浴び、生産されるお米は安全・安心、そしておいしいと人気があります。面積あたりの収穫量は一般的な農法より約
1割程度減りましたが、昨今の市場における食の安全や環境問題に対する意識の高さも相まって、通常栽培米の約5割くらいの付加価値がつきブランド化しています。

コウノトリ育む農法による稲の作付面積は、平成
18年度が約70ha、翌19年度がおよそ130ha20年度になると250ha前後と、倍々で増加していますが、それだけこのコウノトリ育む農法が定着してきた陰には、数々の苦労と努力がありました。湛水のタイミング、農薬に頼らない手法など、これまでにない方法ゆえ長い間試行錯誤を繰り返し技術を編み出した農業指導員のみなさんや、冒険ともいえる新しい試みに賛同・協力・実践した農家のみなさんの情熱は賞賛に値します。

「環境共生」というわが国の新しい農業のあり方を問い直したコウノトリ育む農法は今もなお進化し、全国からも注目を浴びています。また、エコツーリズムなどを通じ、産業にも好影響をもたらしています。環境の悪化で一時期生態系から姿を消したコウノトリ。彼らが再び舞い降りた大地には心地よい住みかと、それを支える地域の人たちの愛がありました。



参考資料
兵庫県立コウノトリの郷公園ホームページ http://www.stork.u-hyogo.ac.jp/
神戸新聞WEB NEWS http://www.kobe-np.co.jp/news_now/stork/
2010.05.06 Thursday 健康と環境 00:00 comments(0)
| 1/1PAGES |